お問合せ・ご相談はこちらからお気軽に
受付時間 / 全日(平日・土日・祝祭日)9:00~21:00
お問合せ・ご相談はこちらからお気軽に
離婚に向けて、この様なお悩みありませんか?
弁護士費用が高いんじゃないか
全部でいくらかかるのか不安
これ以上大ごとにせず
素早く解決したい
何からすればいいか
分からない
我々にお任せ下さい!
シンプルで明確な
料金体系!
安心
実績豊富な
専門家が解決!
安心
離婚に必要ないろはを
事前にお伝え!
安心
安心の料金体系
費用はこれだけ。安心してご相談下さい。
初回 60分
無料
2回目以降のご相談
3,000円(税込)/30分
着手金(支払時期:事件ご依頼時)

争点や手続の数及び種類問わず、

一律 10万円(税込11万円)

成功報酬(支払時期:事件終了時)
成果なしの場合

0円!一切発生致しません!

成果ありの場合

成果に対し以下の①と②の合計を成果報酬としていただきます。

①手続報酬 20万円(税込22万円)
(独立審理の裁判所手続を複数使う場合はその分の加算があります。)

②成果報酬(α又はβのうち大きい方)

  • α)獲得経済利益の16%(税込17.8%)
  • β)成果内容に応じた定額報酬
    10万円(税込11万円)から30万円(税込33万円)
実績年間100件以上!
離婚専任弁護士が少しでも有利な解決へ導きます!
こんなとき!
離婚専任弁護士が行う解決
解決までの平均期間
不倫発覚時、
不倫慰謝料請求を受けた時
不倫慰謝料交渉の代理
3ヵ月
夫婦間の別居開始時、
別居後離婚申出を受けた時
離婚条件交渉の代理
6ヵ月
離婚調停を申し立てる
又は申し立てられた時
調停手続用の主張・証拠書面作成、調停期日への付添・出席
6ヵ月
子供を連れての別居開始時
監護者指定・子の引渡し
請求の代理、離婚条件交渉
8ヵ月
離婚専任弁護士
神前 吾郎
離婚で発生する様々な事を考えなければなりません
離婚費用
財産分与
裁判
年金分割
住宅ローン
親権
養育費
保険
慰謝料
弁護士を挟むことで、
関係する様々な問題を事前に考え解決しておくことができます。
まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。
受付時間 / 全日(平日・土日・祝祭日)9:00~21:00
メールでのお問合せ
一つ一つの問題に寄り添って本当の解決へと導きます。
一日でも早く、あなたが安心できるように。
離婚事件というのは、従前のパートナーとの争いであり、感情的にならずにはいられませんので、当事者間で自由に意見を交換することは大きなストレスを伴うだけでなく、そもそも意見をはっきり伝えること自体が難しいことが多いです。
それに加えて、離婚の際は、親権、養育費、面会交流、財産分与、年金分割、慰謝料など法的にも多くの論点があり、調停、審判、訴訟といった裁判所手続も関わってきます。そのため、法律知識や裁判所手続についての知識や経験がなければ、ご自身の利益をしっかり守ることも難しいです。
そのような観点から、離婚事件は、精神的にも知識的にも真に弁護士のサポートが必要な事件であると感じています。当事務所は、離婚事件でお困りのご依頼者様のお力になり、ご依頼者様が一日でも早く安心を取り戻し、次の人生を切り開いていくことができるよう、離婚事件に全力で取り組んでおります。

私のお客様に弁護士としての私の長所を訪ねたところ、「それは人柄だね。」という返事をいただいたことがあります。
弁護士は法律の専門家として専門的知識を提供するところにそのサービスの中心的な価値がありますが、真に依頼者様に満足いただくには、そのような専門的知識の提供に留まらず、依頼者様の悩みや求めていることに親身に耳を傾け対応できる懐の深さや優しさが必要であると感じています。
そのような思いから、事務所の理念の一つとして「依頼者様に対し親切であること」を掲げております。
依頼者様のお悩みごとを共有し、共に乗り越えていきたいと思っていますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ。
離婚専任弁護士 神前 吾郎
お客様の実例

事件概要

・不倫当事者の女性が、不倫関係にあったことを妻側に知られ、妻の代理人弁護士から250万円の損害賠償請求を受けてしまった。

解決結果

・夫の男性と今後の対応について協議したところ、夫の男性にて妻に対する慰謝料は全て対応することとなりました。

・夫の男性は、妻との間で、離婚調停を行っていたところ、当該調停の中で、夫が妻に不倫慰謝料相当額を支払うこととなりましたので、その調停合意の際に、妻から依頼者様女性に対する慰謝料請求権を放棄することとを条件としてもらい、妻側がこれに応じたため、 妻側が依頼者様女性に対する請求権を放棄する旨の書面を作成し、事件終了となりました。

事件概要

・夫の不倫が発覚し、夫も不倫を認めている。

・夫とは離婚しない方針。

・不倫女性に対し慰謝料請求をしたいが、直接やりとりすることに抵抗がある。

解決結果

代理人として相手方女性と不倫慰謝料請求の示談交渉を行い、①慰謝料100万円の支払、②今後連絡及び面会を一切しない(違反した場合は違約金を支払う) という内容で示談することができました。

事件概要

・既に調停離婚が成立していたが、元妻側から財産分与として600万円の支払を求める調停申立てを受けた。

・調停離婚時に養育費について月額4万円で合意したが、元妻側が再婚し、再婚男性が養子縁組したため、養育費の減額を求めたい。

解決結果

・財産分与については、対象財産の評価額を争ったり、別居後負担した相手側の生活費用を主張したりすることで、最終的に200万円の支払にまで減額しての調停合意成立となりました。

・養育費については、月額1万円の支払に減額することで調停合意が成立しました。

事件概要

・夫婦間の喧嘩の末に別居状態となったが、子供3名は児童相談所での一時保護扱いとなってしまった。

・従前育児を主に行ってきたのは妻側であったが、今後は夫側が子供の監護者・親権者として子供と生活していきたい。

解決結果

・児童相談所からの子供の引き取りにあたり、夫婦双方とも子供3名の同居養育を主張していましたが、双方の代理人弁護士間の協議の末に、まずは児童相談所における子の一時保護状態の解消を優先するため、夫側にて1名、妻側にて2名を引きとる内容で暫定的な監護に関する合意をし、児童相談所からそれぞれが子供を引き取りました。

・子供の監護者について結論を出すため、家庭裁判所にて子の監護者指定審判の手続を行い、双方が子供3名の監護者になることを主張しました。結果的には、裁判所は暫定合意以降の監護状態が安定しているとの判断から、夫側を子1名の監護者に、妻側を子2名の監護者に指定するという審判がなされました。

・裁判所により、従前主な育児担当者ではなかった父側が監護者として指定されたこと、さらに兄弟分離を認めた点において、特徴的な判断となりました。

お客様の声
相談時から最後までしっかりと対応してくれたので心強かったです。
親身に対応してくれ、また、対応が速いのがよかったです。
1つ1つ分かりやすく説明してくれたところもよかったです。
突然のことでとても不安でしたが、丁寧かつ的確に対応して下さり、おかげ様で監護権をとることができました。
どうもありがとうございました。
離婚に関するよくある質問
Q
当事者間の話し合いで協議離婚が成立しそうですが、公正証書にした方がよいのでしょうか?
A
金銭の支払合意をした場合で相手方から支払がなされないおそれがあるときは、公正証書を作成した方がよいでしょう。
公正証書を作成すれば訴訟手続を経ずとも強制執行をすることができます。
Q
性格の不一致から別居していますが、相手側が離婚に応じてくれません。この場合離婚はできないのでしょうか?
A
別居を理由に離婚判決を得るのは簡単ではなく、一般的には5年が目安になるといわれています。従前の同居期間との対比で判断は変わってきますので、ケースバイケースですが、1年ほどですと認められにくいといえます。
Q
夫名義で夫がローンを組んだマンションに離婚後も子供と住んでいきたいのですが、できますでしょうか?
A
元配偶者が所有者となっている又は元配偶者がローン名義人となっている住宅への居住を離婚後も継続するには、基本的には元配偶者の同意やローンの支払協力が必要となります。
財産分与で自身が住居の所有権を全て取得するという方法もありますが、その場合対価を相手方に支払わなければならないという金銭的な問題が生じますので、注意が必要です。
Q
夫の携帯を密かに見て不倫の証拠を取得しましたが、証拠として使えるのでしょうか?
A
同居する夫の携帯電話のロックを密かに解除してラインを見てそれを撮影したという場合、証拠としての使用は許容される傾向にあるという印象です。
但し、証拠取得の方法において反社会性が高い事情があるときは、裁判上証拠として使用することが許されないときがあるので注意が必要です。
Q
親権でもめていますが、やはり父親は不利なのでしょうか?
A
親権・監護権争いでは、従前のお子様の監護経緯が重視されます。
一般的に母親側が専ら育児を担っていることが多いので、母親有利という印象がありますが、共働きで父親の方が専ら育児を担っていた場合など過去の監護実績で父親の貢献が高い場合は、父親に有利と言える場合があります。
従って、父母の性別だけで結論が決まるわけではありません。
アクセス
アクセス
住所
〒153-0051
東京都 目黒区 上目黒3丁目11番5号 井関ビル401号室
公共交通機関でお越しの方
中目黒駅より徒歩3分
お車でお越しの方
中目黒GT(ゲートタウン)の有料駐車場、近隣コインパーキング等の
ご使用をお願い申し上げます
万全の感染症対策でお待ちしております。

当所では、新型コロナウイルス感染予防の対策として、
アルコール消毒・マスク着用・頻繁な手洗いやうがい等日頃から感染予防対策を徹底して行っております。

また、個室の相談ルームをご用意しており、お子様連れでもご相談頂けます。

皆様には安心して相談していただけるように、事務所内の環境を整えてお待ちしております。

事務所概要
クラッチロイヤー法律事務所 (第一東京弁護士会)
所在・連絡先/
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒3丁目11番5号 井関ビル401号室
TEL 03-6452-4333 電話受付 全日(平日・土日・祝祭日)9:00~21:00
※事務所でのご相談の際は、事前のご予約が必要となります。
代表弁護士/
神前 吾郎
代表弁護士プロフィール/
東京大学法学部および、東京大学法科大学院卒業後、数々の実務を経験し、2017年に現事務所の前身となるかんざき法律事務所を開所し独立、2020年クラッチロイヤー法律事務所に名称変更の上、事務所を現在地に移転。2歳と5歳の2児の父。趣味は、ピアノ、ゴルフ、サッカー、NBA観戦。
代表弁護士 神前 吾郎
個別面談のお申し込み
まずは個別相談であなたの課題を伝えてみませんか?
オンライン相談可!
01お名前必須
例) 山田 太郎
02メール必須
例) example@cllo.jp
03電話
例) 03-6452-4333
04相談内容必須
05個別相談
06希望日時
07希望連絡手段必須
08希望連絡日時

個人情報取り扱い

個人情報の取り扱いについて
クラッチロイヤー法律事務所(以下、「当事務所」といいます)は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます)その他の関係法令を遵守するとともに、最善の注意を払って本サイトの利用者(以下、「ご利用者様」といいます)の個人情報を保護することが社会的責務であると考え、ご利用者様に安心し、また安全に本サイトをご利用いただけるよう、以下の通りポリシーを定め、それに従い、厳重に取り扱ってまいります。

1.個人情報を収集・利用する目的について
当事務所では、ご利用者様の同意のもと、氏名、メールアドレス、住所等の個人情報を収集させていただくことがあります。これらの情報は、以下の目的に利用します。

• ご利用者様の希望に応じた法的サービス・情報等の提供
• お問い合わせへの対応
• 本サイト利用時の利便性の向上
• 上記目的に付随する業務

2.個人情報の第三者提供について
当事務所では、ご利用者様の個人情報を、事前の同意なく第三者提供することはありません。ただし、次の各号の場合は除くものとします。

• 法令に基づき開示を求められた場合
• 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
• 当事務所または第三者の権利、利益、名誉、信用等を保護するために必要であると当事務所が判断した場合
• ご利用者様がご自身の個人情報の開示を事前承認した場合

3.個人情報の開示、訂正・追加・削除、利用停止等
当事務所は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止等のお申し出があった場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認のうえ、個人情報保護法の定めに従い遅滞なく対応します。
また、開示に際しては、手数料をいただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

4.アクセス解析ツールについて
本サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能は、Cookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくは「Google アナリティクス利用規約」をご覧ください。

5.本ポリシーの変更
本ポリシーの内容は、ご利用者様に通知することなく、変更することができるものとし、当事務所が別途定める場合を除いて、変更後のポリシーは、本サイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

6.個人情報に関するお問い合わせ
当事務所にご提供いただいた個人情報についての苦情・お問い合わせは下記にて受け付けます。
事務所名:クラッチロイヤー法律事務所
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目11番5号 井関ビル401号室
電話:03-6452-4333
受付時間:全日(平日・土日・祝祭日)9:00~21:00

個別相談・連絡日時はご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。